先行予約ご希望の方はこちら

世界の著名クラシック専門誌、有力紙で大絶賛!
世界が注目するアイスランド生まれの新鋭ピアニスト!

ヴィキングル・オラフソン plays
バッハ、ベートーヴェン&ショパン

出演: ヴィキングル・オラフソン(Pf)

2018年

10月2日(火) 19:00開演(18:30開場) 紀尾井ホール
10月4日(木) 19:00開演(18:30開場) HAKUJU HALL

料金: (全席指定・税込)
◆紀尾井ホール  S席6,500円   A席5,500円
◆HAKUJU HALL   全席指定 6,500円

 

※未就学児童のご入場はお断りいたします。
※止むを得ない事情により曲目・曲順等が変更になる場合がございます。 
※車椅子でご来場されるお客様はご購入前にチケットスペースまで必ずお問い合わせください。


プログラム:

[前半]J.S.バッハ
イタリア風アリアと変奏 イ短調 BWV989
2声のインヴェンション 第12番 イ短調 BWV783
3声のインヴェンション(シンフォニア) 第12番 イ長調 BWV798
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第10番 ホ短調 BWV855;前奏曲
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006; 前奏曲(ラフマニノフ編)
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006; ガヴォット(ラフマニノフ編)
前奏曲 ホ短調 BWV855a (シロティ編)
2声のインヴェンション 第15番 ロ短調 BWV786
3声のインヴェンション(シンフォニア) 第15番 ロ短調 BWV801
前奏曲とフーガ ト長調 BWV902a;前奏曲
今ぞ喜べ、愛するキリストのともがらよ BWV388(ブゾーニ編)
バッハ:協奏曲 ニ短調 BWV974 (原曲 マルチェッロ:オーボエ協奏曲)
いざ、罪に抗すべし BWV54(オラフソン編)

[後半]ベートーヴェン&ショパン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 《ワルトシュタイン》 Op.53
ショパン:3つのヘ短調のエチュード
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 Op.52

 

ずば抜けた才能のピアニスト
英グラモフォン誌(2017)

「湧き上がる情熱、並外れた技巧、そしてチャレンジ精神」
仏ル・モンド 紙(2017)

「アイスランドのグレン・グールドだ!」
ニューヨーク・タイムズ 紙(2017)

「遊び心と妙技の絶妙な融合」
クレッシェンド・マガジン (2017)

「大胆かつユニークなアーティスト」
Backtrack.com (2017) 


 

 

ヴィキングル・オラフソン (ピアノ) Víkingur Ólafsson, piano

情熱的な音楽性、爆発的な技巧、知的好奇心のすべてを兼ね備えた稀有なピアニスト、ヴィキングル・オラフソン。アイスランドに生まれ育ち、エルラ・ステファンドッティルとピーター・マテに師事。その後アン・シャインにも師事、のちにジュリアード音楽院へ進み、ジェローム・ローウェンタールやロバート・マクドナルドと共に学んだ。同音楽院で学士号および修士号を取得。母国アイスランドの主だった音楽賞を総なめにしたのち、2016年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結びデビュー・アルバムとなるアルバム『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス  』(2017年)をリリースし、国際的な脚光を浴びる。

  • 情熱的な音楽性、爆発的な技巧、知的好奇心のすべてを兼ね備えた稀有なピアニスト、ヴィキングル・オラフソン。アイスランドに生まれ育ち、エルラ・ステファンドッティルとピーター・マテに師事。その後アン・シャインにも師事、のちにジュリアード音楽院へ進みジェローム・ローウェンタールやロバート・マクドナルドと共に学んだ。同音楽院で学士号および修士号を取得。母国アイスランドの主だった音楽賞を総なめにしたのち、 2016年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結びデビュー・アルバムとなるアルバム『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス』(2017年)をリリースし、国際的な脚光を浴びる。

  • 『フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス』は、評論家とユーザーの双方から高い支持を受け、「ずば抜けた才能のピアニスト」(英グラモフォン誌)として絶賛された。ニューアルバムとして、ドイツ・グラモフォンよりバッハのピアノ作品集を2018年にリリースする予定。

  • 21世紀のアーティストらしく、ヴィキングルは音楽へのアプローチのオリジナリティを絶賛されている。また、現代音楽も得意とし、これまでにフィリップ・グラス、ダニエル・ビャルナソン、ハウクル・トーマソンなど5つのピアノ協奏曲の初演を託されている。

  • 2017/18年のシーズンも数多くの世界の著名な指揮者、オーケストラとの共演が予定されており、2018年6月にはアシュケナージ指揮NHK交響楽団の定期演奏会に出演し日本デビューを飾る予定である。


主催/企画・制作:エイベックス・クラシックス・インターナショナル   制作協力:インタースペース

ヴィキングル・オラフソン plays
バッハ、ベートーヴェン&ショパン

【先行発売の案内ご希望のお客様へ】

上記公演の先行発売のご案内をご希望のお客様は以下
Webよりお申込みください。
(ご案内の送付、会員登録は無料です。)

◆このご案内は必ずしもお席を確保できるというものではございません。予めご了承ください。
◆ウェブ登録の方のメールの通信・受信環境等によるメルマガ未着及びお電話でご登録された方の郵便事故等による責任は負いかねます。


【先行案内ご希望申込み締切】 2018年5月31日(木)昼12時


先行発売のご案内は、WEB登録の方はメルマガで、5/31(木)中にお送りします。上記日時を過ぎても何も届かない場合は6/1(金) 15時までにチケットスペースまでお問い合わせ下さい。(03−3234−9999)(月〜土 10:00〜12:00/13:00〜18:00 営業)

《WEB》
チケットスペースオンライン会員登録(無料)は こちら





《お電話》

下記チケットスペースにお電話の上、
『ヴィキングル・オラフソン plays バッハ、ベートーヴェン&ショパン』
先行ご案内希望 」の旨をお伝えください。

チケットスペース 03-3234-9999 (月〜土/10〜12時、13〜18時)

 先行案内ご希望申込み締切り間近にお電話を頂いた場合は郵送以外の方法でご案内させていただきます。




お問合せ・お申込: チケットスペース 03-3234-9999
月〜土10:00〜12:00/13:00〜18:00 (日・祝は休み)
※チケット発売日及び公演開催の日曜・祝日は営業いたしております。
2018年6月23日(土)発売