「海賊」の舞台写真をご覧いただけます。↓
http://www.k-ballet.co.jp/info/2007lecorsaire/index-02.html

 

◆ 「海賊」公演キャスト変更のお知らせ ◆ 

Kバレエカンパニー芸術監督・熊川哲也は5月15日に北海道厚生年金会館で行われました、Kバレエカンパニー「海賊」公演中に右足前十字靭帯を損傷したために、6月16日までの『海賊』公演に出演ができなくなりました。公演は引き続き開催いたしますが、それにともないましてキャストの変更が生じます。 ご返金をご希望のお客様にはご返金させていただきます。
東京、大宮公演に関しては5月18日(金)からお客様が購入された各プレイガイドのご購入店舗にて、各公演日の開演時間まで、払い戻しを実施させていただきます。
なお、変更がない5月26日14:00公演は払い戻しの対象外とさせていただきます。
東京、大宮公演以外の公演に関しては、各主催者の発表をご確認ください。

お問い合わせ先 TEL03−3234−9999チケットスペース

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
→ キャスト一覧



  • 初めてバレエを観ました。こんなにドラマチックな時間を過ごせて、とても幸せでした。
    皆様にまた会いに来ます。熊川さん、本当に素敵な夢をありがとうございました。

  • 実は一度払い戻しをしたのですが、やはり観たくなり、当日券を購入してきました。
    橋本さんは『新たなスター』といえると思います。表現力、華のある天性の素質を感じます。とにかく雰囲気がありますね。今回は、荒井さんが情感豊かで、とても良かった。もちろん衣裳、舞台装置も相変わらず洗練されていて、完成度が高いです。


  • 『海賊』全幕をちゃんと観るのは初めてなのですごく楽しみにしていました。毎回のことですが、Kバレエの公演はオーバチュアの段階から、その世界に引き込んでくれるので、すごく好きです。観ている間、ずーっと現実に引き戻されることなく、その世界に浸らせる吸引力は凄いです。今回の『海賊』も構成、演出、舞台セット、衣装、照明、音楽、何から何まできを抜かず、手を抜かず作り上げられた世界にただただ、ウットリです

  • 凄い!!! 凄いです!! 素晴らし過ぎて涙がポロポロ出ました。
    よくぞここまでの作品を創って下さいました!! 今夜の公演のことは一生忘れません!!!
    熊川さん、じっくり完治させてください。ずっと、気長にお待ちします。
    橋本さん、おめでとう。立派なアリでした!



 Kバレエ カンパニーの芸術監督・プリンシパルである熊川哲也が『海賊』ツアー降板を発表してから初めての公演が5月19日、盛岡で上演された。その前日の記者会見の席で熊川はこう語っていた。「『海賊』は構想から1年半かけて作り上げ、素晴らしい作品になっている。また、Kバレエのレベルというのは熊川本人を超えて大きなカンパニーへと成長している。自分が出演しなくても素晴らしい公演になると信じている」――この日の舞台は、そんな芸術監督・熊川の言葉がまさに掛け値なしの真実であることのたしかな証明だったといっていい。

  日本のみならず世界的にも上演の機会が少なく、いわゆる「決定版」も存在しなかったのがこれまでの『海賊』。だがこの作品が背負ってきた問題点の数々を熊川は実に巧みな手腕で解消し、「男たちのアドベンチャー」という明確なコンセプトのもと壮大でドラマティカルな世界を築き上げている。寄せ集めの感のあった音楽は熊川の思い描くストーリーラインに則り、まったく新たに構成し直された。ドラマとしての面白さやキャラクターの説得力にいま一つ欠けるというのがこれまでの定評だった物語には、明確な軸を持たせて、整然とした、それでいて起伏に富んだスピーディーな展開を可能にしている。舞踊の盛り上がりやその魅力の影に物語が埋もれてしまうことなく、むしろ相乗効果を持たせることに成功した『海賊』は、史上初といっても過言ではないはずだ。大海原での海賊船の難破シーンに始まり、どこまでも豪華かつスケールの大きい美術の圧倒的な美しさも目を引くこのスペクタクルな舞台は、まさに演出家・熊川哲也の“天才”の集積であり、誤解を恐れず言えば、「スターダンサー熊川不在」という不慮の出来事さえもいつしか忘れ去るほどの魅力で観客の心を牽引していったのだった。

  そこに大きく貢献したのは、なんといってもKバレエが誇るダンサー陣のレベルの高さだろう。舞踊的にも演劇的にも、高次元の技術力や表現力を持ち合わせた踊り手がいなければ、いかなる優れた作品も真の感動にはつながらないのだから。この日のキャストはコンラッドにスチュアート・キャシディ、メドーラに松岡梨絵といったカンパニーを代表するプリンシパルたち。そして最高の立役者となったのが、熊川の代役として急遽の抜擢となった橋本直樹のアリであったのは、劇場を訪れた我々観客にとって限りない喜びだ。昨年秋の入団以来、急速に才能を花開かせ、この7月に予定されている『ドン・キホーテ』ではすでにバジル役で全幕初主演も決まっていた矢先とはいえ、25歳の新鋭の肩に突如としてかかったこの責務の大きさは想像だに難くない。しかも、アリという役は熊川の得意レパートリーとして有名であり、この熊川版でも既存の演出よりはるかに見せ場が多いのだ。だが、そんなプレッシャーをものともしないその踊りの、なんというスケール感! 安定感のある正統派テクニックに裏打ちされた踊りにあふれる誠実さと品格、それでいて小さくまとまるようなところが微塵もない。すべての動きは抑揚とキレに富み、全身のバネによほど優れているのだろう、大技のジャンプや回転の連続は熊川のお墨付きというだけあって、満場の目を見張らせ、随所で歓声が上がるダイナミックな美しさだ。そして何より、彼がそこにいるだけで、何かの光に吸い寄せられるようにいつしか目で追ってしまう、そんな不思議な輝きが橋本直樹にはある。次の場面では果たしてどんな顔を、どんな踊りを見せてくれるのか、そうした期待感が舞台が進むにつれ高まってゆくのが、客席のたしかな熱気と共に伝わってきた。おそらくきっと、この日、劇場に訪れた観客の誰もが、熊川哲也が自身にとって大切なこの役を、橋本直樹というこの若きダンサーにあえて託したその理由を理解したに違いない。

  思いもかけぬアクシデントをカンパニーの団結力によって見事に乗り越え、今ここにKバレエの新たなスターが生まれた。その歴史的瞬間に立ち会えたことを幸せに感じる。そしてカーテンコールに熊川哲也が登場し、割れんばかりの喝采が巻き起こった。ダンサーとしての彼を本公演で見ることはかなわなかったが、そこにあまりある舞台を提供してくれた、「芸術監督」として、そして「演出家」としての熊川哲也に対する心からの賞賛である。


橋本直樹橋本直樹 Naoki Hashimoto (ソリスト)
東京都生まれ。
1998年〜2001年、国立モスクワ舞踊アカデミーに留学。2002年、NBA全国舞踊コンクール クラシック シニアの部第1位。2002年、国立バレエ・モスクワにソリストとして入団。『白鳥の湖』の道化/パ・ド・トロワ、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形、『眠れる森の美女』の青い鳥など
を踊る。2006年9月、Kバレエカンパニーにジュニア・ソリストとして入団。2007年4月、ソリストに昇格。
主な出演作は、『くるみ割り人形』の花のワルツ、アシュトン振付『二羽の鳩』、『白鳥の湖』のベンノ/パ・ド・トロワ/ナポリの踊り、熊川振付『パッシング・ヴォイス』第1章など。本年4月、東京国際フォーラムにて開催された「スーパー・ダンス・プレミアム」に出演。

WM 56kWM 300k
アレクサンドル・ブーベルアレクサンドル・ブーベル Areksandr Buber (ソリスト)
ベラルーシ生まれ。
2001年、ベラルーシ・ナショナル・バレエスクールを首席で卒業。2002年、ベラルーシ・ナショナル・ミンスクボリショイ劇場バレエ団に入団。2003年、最も期待されるダンサーに贈られるフィリップ・モリス賞を受賞、プリンシパルに昇格。2004年、ヴァルナ・バレエ・コンクールで審査員長賞を受賞。2005年、名古屋開催の第5回世界クラシック&モダンダンス・コンクールでクラシック金賞を受賞。2006年ベラルーシ大統領賞受賞。主なレパートリーは、『白鳥の湖』の道化、『チポリーノ』のタイトルロール、『エスメラルダ』のアクティオン、『ロメオとジュリエット』のマキューシオ、『海賊』のアリ、『リーズの結婚』のアランなど。2006年9月、Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。『くるみ割り人形』のフリッツ、アシュトン振付『二羽の鳩』に出演。


Kバレエタイムズ









主要キャスト

メドーラ 吉田都/康村和恵/松岡梨絵 ギリシャに住む美しい姉妹の妹
コンラッド スチュアート・キャシディ/輪島拓也 海賊の首領
アリ 熊川哲也/芳賀望/
アレクサンドル・ブーベル
海賊の首領コンラッドの忠実な右腕
ランケデム 芳賀望/輪島拓也 地域の奴隷市場を支配する奴隷商人
グルナーラ 松岡梨絵/荒井祐子/長田佳世 メドーラの姉

 



2007年
5月26日(土) 13:30開場/14:00開演
Bunkamuraオーチャードホール
S席 12,000円  A席 9,000円  B席 7,000円

★感想文コンテスト開催!受賞者には世界に一つだけのスペシャルプレゼントを進呈いたします!
★康村和恵、輪島拓也ほか 出演ダンサーとの握手会開催!
★来場者の中から「海賊」をテーマにしたベスト・ドレッサー賞を決定!
★来場者全員にスペシャルプレゼント!
★会場ロビーにてミニコンサートを開催!
★5月26日(土)昼公演は5歳以上の方からご入場いただけます。


Bunkamura内レストランにて スペシャル企画!!
5月26日(土)
●ドゥ マゴ パリ <11:30〜14:30>BunkamuraB1ガーデンフロア
  敏腕アリの海賊風シーフードスパゲッティー 1,050円(税込み)
●ロビーラウンジ <11:30〜14:30>Bunkamura1Fメインロビーフロア
  首領コンラッドの特製シーフードカレー 1,050円(税込み)
●オーチャードビュッフェ<開場〜休憩まで>オーチャードホール内
  美人姉妹メドーラとグルナーラの極上スイーツ(限定) 500円(税込み)

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

『海賊』公演、ベストドレッサー賞決定!!

ベストドレッサー

今回は5組の方に決定!
「海賊」を意識したファッションで公演を楽しんでいただきました。皆様、ダイナミックな舞台に大興奮のご様子でした!

米津美千花ちゃん(10歳)・
恵美花ちゃん(9歳)(東松山市在住)
坂口里美さん(町田市在住)・
奥田留美子さん(静岡市在住)
「男のダンサーの人たちのジャンプが本当にすごくて、迫力があってとても楽しかったです」(美千花ちゃん)
「アレクサンドル・ブーベルさんが素敵でした。舞台が見られてうれしかったです」(恵美花ちゃん)
「Kバレエの公演に初めて来ました。熊川哲也さんの踊りを見ることができなかったのは残念でしたが、代役の橋本直樹さんはやはり華というかオーラがある方だなと思いました」(坂口さん)
「友人に誘われて初めてバレエを見に来ました。舞台全体がとても素敵でしたが、特に女性たちの踊りが見ていて綺麗だなと思いました」(奥田さん)
益子倭さん(15歳)(埼玉県在住) 廣江真弓さん(横浜市在住) 孝多ありささん・佑月くん(5歳)(東京都在住)
木村美千代さん(東京都在住)
佐渡八千代さん(神奈川県在住)
「Kバレエの公演には毎回足を運んでいて、『海賊』も今日で3回目でした。カンパニー全体がすごくまとまってる感じがして、とてもいい雰囲気で3回とも楽しむことができました。僕もバレエを習っていて、将来はKバレエに入りたいと思っています!」
「テレビCMで公演のことを知り、今日突然思い立って足を運びました。舞台はとてもすばらしく、夢の中に引き込まれていく感じでした。ダンサーのみなさんの醸し出す情熱や伝えたいことが3階席まで伝わってきました。特に2幕の一番の盛り上がりのところでは主役の方たちが音をまったく外すことなく完璧な表現をされていたところがさすがだなと思い、見ていてとても高揚しました。また、グルナーラ役の長田佳世さんがとても輝いていたのも印象的です」
「康村和恵さんの大ファンです。とても綺麗で感動しました。握手会で間近に会うことができたのも感激です!」



スペシャルデー特別企画、握手会開催!!

5月26日(土)14時開演『海賊』終演後に
メドーラ/康村和恵、コンラッド/輪島拓也、
アリ/アレキサンドル・ブーベル、ランケデム/宮尾俊太郎、の4人の握手会が行われました。
会場ロビーを埋め尽くすたくさんの方にご参加頂きました。ありがとうございました。
次回もお楽しみに!


開場時・休憩中にロビーコンサートを開催致しました!
優雅な演奏に心が和むひと時でした。



Tetsuya Kumakawa Kバレエカンパニー SPRING TOUR 2007
『 海賊 』

日程
全国公演
2007年5月11日(金)〜6月16日(土)

※★印のあるところは5/2キャスト変更いたしました
※◆ 印のあるところは5/16キャスト変更いたしました
 
変更はございません
 
公演地 公演日 開演 会場 料金 払戻
アリ
ランケデム
グルナーラ
メドーラ
コンラッド
一般問合TEL
東京 5/11(金) 18:30 東京文化会館 S 18,000
A 14.000
B 10,000
C  8,000
熊川哲也

輪島拓也
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
 
5/12(土) 18:30
熊川哲也

橋本直樹
荒井祐子
康村
和恵
スチュアート
・キャシディ
 
札幌 5/15(火) 18:30 北海道厚生年金会館  
熊川哲也
輪島拓也
松岡 梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
 
青森 5/17(木) 18:30 青森市文化会館   ×
橋本直樹★
(芳賀→橋本)
輪島拓也
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
青森テレビ
企画事業部
017-741-2237
岩手 5/19(土) 17:00 岩手県民会館  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
宮尾俊太郎★
(芳賀→宮尾)
長田佳世
松岡
梨絵
スチュアート
・キャシディ
IBC事業部
019-623-3137
東京 5/23(水) 18:30 オーチャードホール S 18,000
A 14,000
B 10,000
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也★
(芳賀→輪島)
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
チケットスペース
03-3234-9999
5/24(木) 18:30
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也◆★
(輪島→橋本→輪島)
荒井祐子
松岡
梨絵
スチュアート
・キャシディ
 
5/26(土) 14:00 S 12,000
A 9,000
B 7,000
×
アレクサンドル・
ブーベル
宮尾俊太郎★
(芳賀→宮尾)
長田佳世
康村
和恵
輪島拓也
 
5/26(土) 18:30 S 18,000
A 14,000
B 10,000
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
宮尾俊太郎◆★
(芳賀→橋本→宮尾)
荒井祐子★
(松岡→荒井)
吉田都
スチュアート
・キャシディ
 
5/27(日) 15:00
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也
松岡梨絵★
(荒井→松岡)
康村
和恵
スチュアート
・キャシディ
 
名古屋 5/29(火) 18:30 愛知県芸術劇場  
Buber◆
(熊川→ブーベル)
宮尾俊太郎◆★
(芳賀→橋本→宮尾)
荒井祐子
康村
和恵
スチュアート
・キャシディ
中京テレビ事業
052-957-3333
神戸 5/31(木) 18:30 神戸国際会館  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也★
(芳賀→輪島)
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
キョードー大阪
06-6233-8888
大阪 6/2(土) 17:00 大阪フェスティバルホール  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
宮尾俊太郎★
(芳賀→宮尾)
長田佳世
松岡
梨絵
スチュアート
・キャシディ
キョードー大阪
06-6233-8888
6/3(日) 15:00   ×
橋本直樹★
(芳賀→橋本)
輪島拓也
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
福岡 6/5(火) 18:30 福岡サンパレス  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
宮尾俊太郎◆★
(芳賀→橋本→宮尾)
荒井祐子
康村
和恵
スチュアート
・キャシディ
RKB事業部
092-852-6606
高知 6/7(木) 18:30 高知県民文化ホール  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也◆★
(輪島→橋本→輪島)
荒井祐子
松岡
梨絵
スチュアート
・キャシディ
テレビ高知
088-880-1110
香川 6/9(土) 15:00 香川県県民文化ホール   ×
橋本直樹★
(芳賀→橋本)
輪島拓也
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
岡山音協
086-224-6066
横浜 6/12(火) 18:30 神奈川県民ホール  
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也◆★
(芳賀→橋本→輪島)
荒井祐子
康村
和恵
スチュアート
・キャシディ
神奈川芸術協会
045-453-5080
新潟 6/14(木) 18:30 新潟県民会館  
Buber◆
(熊川→ブーベル)
宮尾俊太郎◆★
(芳賀→橋本→宮尾)
荒井祐子
康村
和恵
輪島拓也
新潟放送
025-230-8655
大宮 6/16(土) 15:00 大宮ソニックシティ大ホール S 18,000
A 14,000
B 10,000
C  8,000
橋本直樹◆
(熊川→橋本)
輪島拓也★
(芳賀→輪島)
松岡梨絵
吉田都
スチュアート
・キャシディ
チケットスペース
03-3234-9999

※出演者は予定となっております。変更となる場合もございますのでご了承ください。

◆ 「海賊」公演キャスト変更のお知らせ ◆ 

「海賊」公演におきまして、アリ(5/17、6/3、9)、ランケデム(5/11、19、23、26、29、31、6/2、5、12、14、16)役で 出演が予定されておりました「芳賀望」は、怪我の再発の為、出演を取り止めます。
キャストの変更に関しましては、後日発表させて頂きます。何卒ご了承下さい。

 

お問合せ・ご予約: チケットスペース 03-3234-9999

 


感想文コンテスト 優秀者決定!!!

2007年春 Kバレエカンパニー
『海賊』公演 <5月26日(土)14:00 Bunkamuraオーチャードホール>
メドーラ:康村和恵 コンラッド:輪島拓也 アリ:アレクサンドル・ブーベル  
グルナーラ:長田佳世 ランケデム:宮尾俊太郎 

★今回、特別賞を設けさせていただきました。


※今回、素敵な絵を添えて応募してくださいました。

柏木美愉子さんには、『海賊』公演のパネルに、Kバレエカンパニー 康村和恵(メドーラ役)、輪島拓也(コンラッド役)のサインを入れたものを、
こうたゆづきさんには、記念品をプレゼントさせていただきます。

 


「夢の舞台、海賊!!」

5年生 柏木美愉子

 「わぁ〜!」
私は心の中で、思わずさけんだ。舞台が暗くなり、幕の向こう側に海賊達があらわれた。次に船がみえて、海賊達が戦っている。音楽と海賊達。最初からワクワク、ドキドキだ。
 私は読書が大好きだけど、特に冒険物語が好きだ。海賊の舞台の始まりは、まるで大きな大きな絵本のページをめくるような気持ちになった。

 嵐が来た。どうなっちゃうの?コンラッドは意識がないのかな?かわいいお姉さん達がやって来た。あの二人は姉妹なんだ。優しい姉妹は海賊を助けてあげた。良かったね…と思ったら、見るからに悪いヤツがやって来て、あっという間にお姉さん達をさらって行ってしまう。そして、どれい市場。物ごいの踊りは面白かった。ほっぺたをふくらませたりして、バレエって全身を使って表現するんだなと思った。かわいそうに姉は、お金持ちに売られてしまったけど妹はアリ達の活躍で助けられた。
 どうくつのシーンは、色々なバレエが見れて楽しかった。特に海賊達の踊りは見ながらニコニコ顔になってしまった。パ・ド・トロワはステキだった。そんな、うっとりとした気分から一転。今度はうらぎり者があらわれた。またまた妹は連れて行かれ、海賊達は助けにむかう。連れて行かれた先で姉妹は再会できる。そしてカーテンの向こうから海賊達が、あらわれるシーンはゾクゾクした。戦いの場面は、迫力がありハラハラ。これでハッピーエンドになるかと思ったら、アリが…。私は手を口にあて、びっくりしてしまった。ふり返ると、どの場面でもアリはコンラッドのためにつくしていた。
 静かな船出とともに幕がおりた時、私は冒険物語の本を閉じてうら表紙をながめながら、フッとため息をついたような気持ちになった。そして手がいたくなるほど拍手をした。
 この「海賊」は今までに見たバレエとはちがう夢を私に見せてくれた。Kバレエのみなさん、本当にありがとうございました。


「かいぞくをみて」

こうた ゆづき 5才

 ぼくはかいぞくがだいすきで、バレエのビデオをいつもみていました。
 ほんとうのぶたいでみるのははじめてで、すごいとおもいました。アリがとてもたかくジャンプするのがすごかったです。
 かいぞくせんもすごくかっこよくて、どんなふうにつくっているのだろうと思いました。

 ぼくもバレエをやっているので、おおきくなったら、アリのようにたかくジャンプがとべるようになりたいです。
 それと、ダンサーのひととあくしゅができてとてもうれしかったです。
さいごにくまかわてつやさんがでてきてくれて、すごくかっこよかったです。
またみにいきたいです。